「2009年6月」の記事一覧

和紙で彩る食卓

| トラックバック(0)

CIMG9322s.JPG皆の衆、いかがお過ごしじゃ??

 

ワシ、管理人のわしだるまからお知らせじゃ。

 

越前和紙の里通り「卯立の工芸館」二階で、

==食卓を飾る伝統工芸品展==

開催中じゃ。

 

詳しくはコチラ → ポチッ

 

 

CIMG9275.JPG越前和紙、越前漆器、越前焼等・・

この辺りに脈々と今尚残る伝統工芸を、テーマに合わせてコーディネイトしてあるぞよ。

 

例えばじゃ・・・

 <朝食>

*爽やかな朝を迎える仲直りの食卓*

ケンカした翌日、気まずい空気の中

食卓につくと・・・・

 

 

CIMG9317.JPG

 

「きのうはゴメンネ チュッ」のメッセージ・・・

 

和紙のランチョンマットまで敷いてあると、

その心遣いに、グッときてしまうのう。

 

きっと朝ごはんの後には、この二人は仲直りしたに違いない♪

 

CIMG9276.JPG

 

<ランチ>

遠くから訪ねて来てくれた旧友と共にするランチ。

 

気心知れた友とのランチは、エスニック!!

 

好きなものを自由に取り、食べておしゃべり。

そして、語って笑って、又食べる。

 

そんなテーブルは、トロピカル。

 

CIMG9305s.JPG

 

からし色の和紙に、レース状の大判手漉き和紙を重ね、和紙でエスニック。

料理の器もトロピカルじゃ。

 

取り皿は、黒スクエアー形の越前漆器。

スプーンとフォークも、木に漆。

明るい食卓から、皆の笑い声が聞こえてくるぞよ。

CIMG9321.JPG

 

*金婚式の食卓*

では、植樹祭で御来県された天皇皇后両陛下の為に、

卯立の工芸館で漉かれた 和紙ランチョンマットも使っておるぞ。

 

その外

*ダンナ出張、寂しい夜はえーい皆で持ち寄りパーテイ

では、モダンな大判の手漉き和紙がテーブルにコーディネイトされておる。

 

そしてワシも、モダンな朱の重箱に乗っかって、ゴキゲンじゃ。

 

皆の衆、和紙のモダンで新しい使い方、周辺手業とのコラボを是非見にきておくれ。

 

 

 

 

 

 

歴史ある和古紙

| トラックバック(0)

CIMG9233.JPG皆の衆、ここ越前和紙の里も梅雨入りしたぞよ。

ワシ blog管理人のわしだるまじゃ。

 

和紙は、梅雨時の湿気も吸うて

包んでおるものを優しく守るのじゃ。

この季節には、心強い素材じゃのう。

 

貴女の、高級御着物も和紙で守られておるぞよ。ご安心なされ。

CIMG9225.JPG

さて、今日は文化的な情報じゃ。

 今月の28日(日)まで、和紙の里通りにある 「紙の文化博物館」で

<越前和紙の歴史を観る>

古文書と古紙ー紙の文化博物館収蔵品展

を開催しておるぞよ。

 

1216年頃、公家や武家、社寺等で使われていた、古奉書          →

 2009-1216=793

約八百年の時を経て今尚此処に・・・

和紙はスゴイ!!

 

 

CIMG9231.JPG

その昔のお札は、この地で漉かれていたのは有名な話。

 

お札の故郷らしく、

お札のサンプルとして漉かれた、和紙なんかも見れたりする。

 

← お分かりいただけるか?透かし模様

   下の写真には 「日銀」の透かし文字

 

 

普段は 収蔵されていてなかなか見ることの出来ない貴重な和紙ばかりじゃ。

 

皆の衆是非、この機会に足を運んでおくれ。

 

CIMG9232.JPG

そしてそして、耳寄り情報。

 

展示の最終日 

6月28日午前九時より

展示品についての説明会が開催されるそうじゃ。

詳細は、和紙の文化博物館へお問い合わせ下され。

 

少し早いが、夏休みの宿題なんぞにもお薦めじゃぞよ。

 

 

 

 

和紙と山野草

| トラックバック(0)

CIMG9202.JPG

 

 

皆の衆、御機嫌うるわしいかのう・・・・。

このブログ管理人の"わしだるま"じゃ。

 

今日は、催し物のお知らせじゃ。

 

 

 

六月 五・六・七日に 「卯立の工芸館」にて

開催

 

 

 

CIMG9205.JPG

 

= くらしのなかの山野草 彩夏展 =

詳しくはイベント情報 → ポチッ

 

和紙と山野草が奏でる日本の美じゃ。

 

しっとりした美しさ、ひかえめな美しさ。

わしの憧れ、"えちぜんわしひめ様"と同じじゃ。 

そういえばあのお方、天下一のお仲間と共に、

やまぎわ天下一のある場所で旗めいておられるとか、風の便りで聞いたんじゃが。

 

っと、イカンイカン、山野草の話に戻さねば・・・・

 

 

 

 

 

CIMG8648.JPGこの和紙タペストリーを漉いたのは・・・・

このお方。

 

卯立工芸館で、和紙を漉く伝統工芸士の

玉村氏。

(右手に注目!!ワシと記念撮影。)

 

三日限りじゃが、是非足を運んでおくれ。

 

もっと山野草&和紙を見たい方はこちらをご覧あれ → ポチッ

 

☆ちょっとイイ話☆

 この和紙タベストリー、欲しいと熱望される方がおられたら、その熱意を伝えれば

 お得価格で販売してもられるかも・・・。詳しくは、卯立工芸館 元気印スタッフの 山田さんまで。

越前和紙のプレゼントをもらおうぞ

| トラックバック(0)

CIMG8645.JPG皆の衆 こんにちは。

 

手漉き和紙のつなぎの役割を果たす材料、トロロアオイに横たわる・・・・・

ブログ管理人のワシ、わしだるまじゃ。

 

全ては植物から出来とる手漉き和紙は、エコじゃのう。

 

さてさて、今日は耳寄りなお知らせをひとつ。

 

<毎日の食卓にストーリーを。プロが提案する食ライフ>

『フードソムリエ』さん が、二周年記念で 

**食べ残しゼロ キャンペーン**を やっておられる。

 

 

ワシの棲家、越前和紙の里からも この企画に賛同して・・・

プレゼントを協賛しているのじゃぞ。

詳細は、コチラをご覧あれ → ポチッ

 

むふっ、なかなか気の利いたプレゼントじゃろ。

 

いつもと同じ食卓でも、和紙ランチョンマット一枚敷くだけで、

食欲倍増、食べ残しもなくなると言うものじゃ。

オマケに、「折形(おりかた)」の冊子付き。

ここに掲載されている、残菓包みを習得し、

残ったお菓子なんぞを、和紙でささっとオシャレに包めば、

好感度もグンとUP、素敵なおなごになれるはず!!

 

先ずは、これを読んだ貴方様・・・・

「食べ残しゼロ宣言」をして、アンケートに答え

素敵な越前和紙を 手に入れるのじゃ~

 

 

 


管理人:わしだるま
和紙の里の自然や人々が
大好きな越前和紙の精。
和紙の里に生息し、
いろんな所に出没中。

越前和紙の里のサイトはこちら

和紙の里写真リスト

最近のコメント