「2009年8月」の記事一覧

和紙の乾燥

| トラックバック(0)

 

CIMG9918s.JPGブログ管理人の、わしだるまじゃ。

 

青空広がるとある日、越前和紙の里

卯立の工芸館前。

 

工芸館で伝統工芸士によって漉かれた、

手漉き和紙を大きな板に張り付け、

乾燥させておる。

 

なかなか、いい風景じゃのう。

 

 

 

  CIMG9921s.JPG  

 

和紙の材料は、楮やみつまた。→

 

っと、撮られてしもうた・・・・

ワシのひなたぼっこ姿。

気持ちいいんじゃ~~ここは。

 

越前和紙の里通りで、ゆったりした流れに身を任せるのもいいもんじゃ。

 

ここに来るとひとつ前の時代にタイムスリップしたみたいな気分になるぞよ。

そしてもしかしたら、ワシに会えるかも・・・。

 

見かけたら声かけておくれ~。 

 

 

 

小さい小さい 豆本ずらり

| トラックバック(0)

CIMG9771.JPGワシ ブログ管理人のわしだるまじゃ。

 

今、和紙の里通り、卯立の工芸館二階で、

 

小さな小さな本 「豆本」の展示会をしておりぞよ。

 

← 実はとても小さいんじゃ。

 

 

CIMG9773.JPG

実は、この本も小さいんじゃ。 →

 

小さいが、丁寧に丁寧に作られ製本されておる。

 

写真の豆本の表紙は、越前墨流しの技法で漉かれた和紙じゃのう。

 

小さいけれど、丁寧な仕事を見に来られよ。

 

豆本展じゃが、豆ばかりではないんだぞよ。

 

 

CIMG9772.JPG

 ← この本は

でかいんじゃ。

 

大人二人以上でないと、次ページには読み進む事がでんぞよ。

 

一人で全部読むには、どうしたらいいんかのう・・・・??

 

実は、ワシもこのページしか見取らんのじゃ。

 

それにしても、こんな大きな紙も手漉き和紙・・

さすが産地じゃ!! アッパレ!!

 

和紙満喫の一日

| トラックバック(0)

ワシ、和紙の里通りに密かに住みついているCIMG9810.JPG ブログ管理人の、和紙だるまじゃ。

今回は、先頃あった

「和紙の里 満喫ツアー」夏編のレポートじゃ。

 

午前中は、和紙職人の青木里菜氏の案内にて、和紙の里周辺を散策。

 

そして、和紙の里通り 卯立の工芸館にて 「エスニックランチ」を食べて

お腹が満足したところで・・・

CIMG9818.JPG

 

 

大滝にある 「山次製紙所」さんで

本格手漉き和紙体験じゃ。

 

こんな体験はめったに出来んぞよ!!

満喫ツアーの目玉じゃ!!

 

一人ひとり、実際に職人さんが使っている道具で

紙漉き。

見てると簡単そうじゃがやってみると、これがなかなか難しい。

CIMG9817.JPG

自分で漉いた和紙を、簾から外した後、乾燥。

 

さぁ~、どんな和紙が漉きあがるかのう。

 

 

ワクワクするのう。

 

 

 

CIMG9826.JPG

 

漉きあがった和紙は、大きなドラムに巻き付き

乾燥したら、世界に一枚の和紙出来上がりという運び。

 

山次製紙所の社長自ら、暑い中ドラムに付きっきりで、作業してくださったんじゃ。

感謝感謝。

 

 

  CIMG9828.JPG

その昔から、変わらぬ作業を繰り返し

脈々と受け継がれてきたであろう

手漉き和紙の技術。

 

セピア色もしっくりくる、その作業場じゃったぞよ。

 

さてさて、この「和紙の里満喫ツアー」

ご参加の皆の衆は、大満足でお帰りになられたぞよ。

 

次回の満喫ツアー、是非貴女様もいかがかな?

 

カワソサン祭り

| トラックバック(0)
 

IMG_1708.JPG皆の衆、梅雨明け切らぬ連日の雨の越前和紙の里じゃ。

 

この雨で、「べとにばいをちっくりさせる」のう・・・

(注* ベト=土 ばい=棒 ちっくりさす=突き刺すを表す代表的な福井弁)

 

その雨の中、かわそさん祭り&和紙の里フェスタが開催されたんじゃ。

 

卯立の工芸館前も、ふきながしで飾りつけられておるぞよ。

ふんだんに和紙を使ってのう~。

  IMG_1703.JPG

 和紙の里通りを流れる小川には、

和紙の人形や、野菜でつくられた飾り物が並べられておる。

これは、和紙漉きの五箇地区に昔から伝わる行事で、かわそさんという。

 

その昔は、川の水を使う為のオトリと呼ばれる洗い場があって、そのオトリに、イモを半分に切った土台に和紙の紙人形をを立てたり、野菜で動物を作ったりして飾り、夜にはろうそくの明かりが灯されたそうじゃ。

 

子供たちは夜になると、隣近所の人形を見て歩いたり線香花火をしたりして、夏の一夜を楽しんだ時代があったそうじゃ。

 

 

IMG_1705.JPG

その名残が、越前和紙の里通りでの飾り付けじゃ・・・・。

 

夜には、手作りの和紙灯篭に火が灯され

ワシも、しっとりした夏の一夜を過ごさせてもらったぞよ。

 

来週 8.9日にも、和紙の里ではいろんな体験や催しやっておるんじゃ。

→ ポチッ、 ポチッ

皆の衆、越前和紙の里へ来られよ~。

 

 


管理人:わしだるま
和紙の里の自然や人々が
大好きな越前和紙の精。
和紙の里に生息し、
いろんな所に出没中。

越前和紙の里のサイトはこちら

和紙の里写真リスト

最近のコメント