「2009年9月」の記事一覧

憧れの和紙の神様

| トラックバック(0)

CIMG9224.JPG

 

ワシ、和紙の里通りに棲みついておるブログ管理人の、わしだるまじゃ。

 

今回は、国の重要文化財『岡太神社・大瀧神社』に祀られておる和紙の神様をご紹介しよう。

 

←  紙祖神「川上御前」様じゃ。

 

女性の神様なんじゃ・・・・

 

気品があるのう。

 

 

CIMG9234.JPG

 

ふくいやまぎわ 天下一街道では、

川上御前をモチーフにした、

「えちぜんわしひめ」様が・・・・

 

実は、ワシの憧れのお方。 →

 

素敵じゃのう。

 

 

 

 

 

  CIMG9236.JPG

  あーーーーーーっ

あーーーーーーっ

あーーーーーっ

 

越前打ち刃物の「えちぜんうちは」が「わしひめ」様の背後に!!!!!!

 

「わしひめさま」に福井県の花、水仙の花差し出してるぅ~~。

 

ライバル出現じゃ!!

 

手漉きの町を歩いてみよう

| トラックバック(0)

CIMG0102.JPG

ワシ、ブログ管理人の"わしだるま"じゃ。

 

今回は、ワシの棲家「和紙の里通り」から少し歩いて、紙漉き家の立ち並ぶ五箇地区をちょっとご案内しよう。

エリアマップ赤の通りじゃ )

 

この辺りは、なかなか風情のある家が立ち並んでおるんじゃぞ。

こちらの町並みもご覧あれ → ポチッ

 

 

 

 

  

CIMG0104.JPG

 

あの丸くて赤い郵便ポストも現役じゃ。

 

そうそう、ポストで思い出したが、ここの地にある

岡本郵便局から郵便を差し出すと・・・・

 

消印が、"紙漉きをするおなご"の印になるのじゃ。 

和紙の里通りのお土産屋さんで、手漉き和紙の葉書を買って、紙漉き娘の消印の葉書を、大事なあの人に旅先から出してみるのもお薦めだぞよ。

 

CIMG0105.JPG

そして、この大鳥居をご覧あれ。

 

この鳥居をくぐり、大滝の町の坂道を登ると・・・

 

紙漉きの神様がおられる「大滝神社」へと続くのじゃ。

そこには、大きな大きな銀杏の木があり、

秋にになると葉が黄色くなり、それはそれは見事なんじゃ。

 

手漉き和紙の里を、ぶらりぶらり散策するのも

楽しいもんじゃ。

 

他の見どころは、又今度ご案内するとしよう!!

民話<紙すきおすまはん>

| トラックバック(0)

CIMG0004.JPGワシ、和紙の里にひっそり生息しておる

ブログ管理人の わしだるまじゃ。

 

九月末まで、卯立の工芸館で展示されておる「豆本展」の事は、前々回のブログでお知らせしたのう。

 

その中で紹介した、大人二人がかりでないと

次ページに進めない大きな和紙本・・・・・・

 

実は、同じ内容で手のひらサイズの"豆本"があるのじゃ。 CIMG0003.JPG

和紙の里民話

「紙すきおすまはん」

 

おすまはんは、女ばかりの兄弟の末っ子として産まれ

幼少の頃は、可愛そうな人生をおくったんじゃ・・・・

 

が、しかし・・・・・・・・

 

  紙漉き家に嫁いで

最後は幸せな人生を送ったというお話なんじゃ。

CIMG0005.JPG

 

最初は泣けたが、最後はメデタシメデタシ。

 

いいなぁ~ おすまはん。

本になってうらやましいのう~。

ワシのお話も、だれか作ってくれんかのう。

和紙の里通りに訪れた人を、ワシが助ける話・・・

(当然 ワシはいい人、いいだるま♪)

・・・・・むりか・・・

 

まぁ、それは置いといて、この「紙すきおすまはん」は 五百円にて卯立の工芸館で発売中じゃ。

 

*追伸*

しつこい様じゃが、このワシ、"わしだるま"のお話を思いついた方、

ワシを題材にした創作民話を作りたいお方は、和紙の里へ申し出てくだされ。

ゆるきゃら 売ります。?!

 

 

管理人:わしだるま
和紙の里の自然や人々が
大好きな越前和紙の精。
和紙の里に生息し、
いろんな所に出没中。

越前和紙の里のサイトはこちら

和紙の里写真リスト

最近のコメント