「2011年12月」の記事一覧

和紙と皆に感謝

| トラックバック(0)

皆の衆、今年ももうすぐ終わりじゃのう。
師走らしく、慌ただしくしておるか?
和紙の里もバタバタしておる(笑)。

今回は年末のご挨拶じゃ。
今年もこのブログを読んでくれて感謝じゃ。
来年も、和紙を愛するわし、わしだるまが、
張り切って和紙の里の今をお知らせしていくから、よろしく頼む。

和紙の里は今は雪じゃ。

win_2.jpg ←水墨画のような風景

win_1.jpg ←三椏にも雪が|つぼみが寒そう・・・

来年は1月5日から営業を始める。
当日は、卯立の工芸館で「漉き初め式」も開かれるぞ。
またその日は、特別展「genji-しろきかみとすみ-」も始まる。
ぜひ足を運んでおくれ。

それでは皆の衆、良いお年を!!
来年、また会おうぞ!!

ZIP!×和紙

| トラックバック(0)

皆の衆、もうすぐクリスマスじゃのう。
予報をみると、ホワイトクリスマスは間違いなさそうじゃ。
むしろ大雪!!
雪のクリームは綺麗だが油断すると苦い。
注意しておくれ。

先日、和紙の里に日テレの番組「ZIP!」でおなじみの
ZIPPEI殿とダイスケ殿が訪れた。
撮影翌日には、ZIP!内で放送されたので観た者もおるだろう。
今週は福井県を旅しているらしい。

zip_1.jpg  zip_2.jpg
↑ メインはパピルス館|ふわっふわのZIPPEI殿は大人気!

ダイスケ殿は周知のとおり、絵が上手い!!
なら、絵を描く紙にもこだわるはず。
そしてやっぱりこだわっていた(笑)。
漉いた色紙は番組中で紹介されていたのう。

zip_3.jpg 
↑ 作業台の下でおとなしく待つZIPPEI殿|紙と同じくらい白い!

ダイスケ殿は、パピルス館にも色紙を残していって下さった。
ZIPPEI殿がキュートに描かれているのう。肉球がたまらん(笑)。
わしも描いてもらいたかった。

zip_4.jpg ←ZIPPEIシールもついとる!

クリスマスが過ぎればすぐに年末。
年賀状も投函しなければならん。
まだの者は、自分で漉いた紙で年賀状をつくってみてはどうじゃ?
年末は26日まで営業しておる。
お世話になった方に、心を込めた年賀状を。
ぜひトライしておくれ。待っておるぞ。

平安時代の和紙

| トラックバック(0)

皆の衆、今年もあと半月になったのう。
早いものじゃ。
これから年末に向けて、どんどんそのスピードも速くなるだろう。
焦らず着実に物事を進めていきたいものじゃ。

今回は、紙の文化博物館で開催中の展覧会、
紙博テーマ展Ⅳ「平安時代の和紙」を紹介しよう。

kamihakuthema4_1.jpg ←今回も展示収蔵庫で!!

来年1月5日~開催予定の「genji」展の関連事業。
「源氏物語」が執筆された当時の和紙について解説する。
平安時代といえば、
貴族たちの優雅な生活を反映した華やかな文化が特徴。
その特徴は、もちろん紙にも現れている。

kamihakuthema4_2.jpg  kamihakuthema4_3.jpg 
↑ 料紙の美しさにうっとり|流し漉きの確立も平安時代

主に和歌などをしたためるのに使われた料紙の美しさは、
その華やかさをよく表している。
写真で見るだけでもうっとりしてしまう。
平安時代の貴族たちの美的センスはどれだけ高かったのだろうと、
感心しきりじゃ。

kamihakuthema4_4.jpg 
↑ 「打雲」 (三代目岩野平三郎氏抄造)

テーマ展会場になっている展示収蔵庫には、
「打雲」のほか、同じく平安時代の代表的な料紙である
「飛雲」や「墨流し」も展示されている。
こちらも忘れずにチェックしておくれ。

映画「源氏物語 千年の謎」は既に公開中!
わしも近いうちに観に行くつもりじゃ。
観た者は感想などきかせておくれ。
テーマ展の感想とともに待っておるぞ。

和紙の里のgenji

| トラックバック(0)

皆の衆、凍えてはおらぬか?
今週水曜日は大雪じゃった。
天気もそれにしたがってか、昨日は初雪が降った。
久々の雪はやっぱり美しかったのう。

本日12月10日は、映画「源氏物語 千年の謎」の公開日じゃ!
ぜひ観に行って、卯立の工芸館の和紙をチェックしておくれ。
そして「源氏物語」、「卯立の工芸館」といえば、
来年1月5日(木)から始まる展覧会、
「genji-しろきかみとすみ-」
を忘れてはならぬ。

genji_f.jpg ←展覧会チラシ

前回のブログでも予告はしたが、
すでに和紙の里のホームページで詳細が紹介されている。
確認をよろしく頼む。

展覧会の準備は着々と進んでいる。
今回は、展覧会チラシのタイトル文字も、作家の塩川氏に制作を依頼した。
実は4作品があがってきての。
選んでほしいとのことだった。
だから、うち1枚をチラシに採用したわけだが・・・。
もったいないので、ここで全て紹介してしまおう!!

genji_t_1.jpg  genji_t_2.jpg  genji_t_3.jpg  genji_t_4.jpg
↑ チラシに採用したのはどれだ?!

どれも素敵だと思わんか?
悩んだ末に選んだのは、最も右の「genji」。
読みやすさと、平仮名っぽい丸みを帯びた印象から選んだ。
源氏物語は女流文学作品。
使われている文字は女出。つまり平仮名じゃ。
今回はアルファベットで表記してもらったが、
全て小文字にしたのは、平仮名をイメージしてもらいたかったからなんじゃ。

そしてもちろん、和紙にも注目しておくれ。
展示に使用する和紙は、当然ながら越前和紙。
普段、彼女が使用している越前和紙に加え、
今回は、12種類の紙を使ってもらうことになっている。

新しい年とともに展示が始まる。
楽しみに待っていておくれ。


管理人:わしだるま
和紙の里の自然や人々が
大好きな越前和紙の精。
和紙の里に生息し、
いろんな所に出没中。

越前和紙の里のサイトはこちら

和紙の里写真リスト

最近のコメント