«千年輝く物語と和紙 | 現在の記事 | 平安時代の和紙»

和紙の里のgenji

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆の衆、凍えてはおらぬか?
今週水曜日は大雪じゃった。
天気もそれにしたがってか、昨日は初雪が降った。
久々の雪はやっぱり美しかったのう。

本日12月10日は、映画「源氏物語 千年の謎」の公開日じゃ!
ぜひ観に行って、卯立の工芸館の和紙をチェックしておくれ。
そして「源氏物語」、「卯立の工芸館」といえば、
来年1月5日(木)から始まる展覧会、
「genji-しろきかみとすみ-」
を忘れてはならぬ。

genji_f.jpg ←展覧会チラシ

前回のブログでも予告はしたが、
すでに和紙の里のホームページで詳細が紹介されている。
確認をよろしく頼む。

展覧会の準備は着々と進んでいる。
今回は、展覧会チラシのタイトル文字も、作家の塩川氏に制作を依頼した。
実は4作品があがってきての。
選んでほしいとのことだった。
だから、うち1枚をチラシに採用したわけだが・・・。
もったいないので、ここで全て紹介してしまおう!!

genji_t_1.jpg  genji_t_2.jpg  genji_t_3.jpg  genji_t_4.jpg
↑ チラシに採用したのはどれだ?!

どれも素敵だと思わんか?
悩んだ末に選んだのは、最も右の「genji」。
読みやすさと、平仮名っぽい丸みを帯びた印象から選んだ。
源氏物語は女流文学作品。
使われている文字は女出。つまり平仮名じゃ。
今回はアルファベットで表記してもらったが、
全て小文字にしたのは、平仮名をイメージしてもらいたかったからなんじゃ。

そしてもちろん、和紙にも注目しておくれ。
展示に使用する和紙は、当然ながら越前和紙。
普段、彼女が使用している越前和紙に加え、
今回は、12種類の紙を使ってもらうことになっている。

新しい年とともに展示が始まる。
楽しみに待っていておくれ。

«千年輝く物語と和紙 | 現在の記事 | 平安時代の和紙»

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.echizenwashi.jp/mt/mt-tb.cgi/91