「周辺の見どころ」カテゴリー一覧

天にのぼる和紙

| トラックバック(0)
皆の衆、明日は二十四節気で雨水、
空から降るものが雪から雨に変わる頃として
暦通り今日は雨の和紙の里じゃ。
そろそろ三寒四温ではなく二寒、いやいや一寒六温にもなってほしいところじゃのう。

そしてこの時期は学生さんたちには卒業の季節。
先日このブログでもご紹介した加茂那奈枝さんが
見事金沢美術工芸大学博士課程を修了される、
その修了展示に福井県立美術館の
ミニブブ広報部員殿とお邪魔してきたのじゃ。

会場は金沢21世紀美術館市民ギャラリーほか、
2月の15日から17日まで加茂さんは公開制作とのご案内を頂き
初日に馳せ参じるふたり。

IMG_5940.JPG  IMG_5946.JPG
加茂さんの手の中で少しずつ育っていく楮。

IMG_5934.JPGさりげなく衣裳持ちのミニブブ殿。

IMG_5938.JPG岩野平三郎の麻紙とともに。

若い可能性に満ちた金沢美術工芸大学修了制作展は2月21日まで、
続いて同卒業制作展が2月24日から3月1日まで、
どちらも金沢21世紀美術館市民ギャラリーにて。
詳細は(同校のウェブサイトにとびます)

和紙だるま、和紙を追う

| トラックバック(0)
皆の衆、和紙の里は一面の雪景色じゃ。
紙は寒漉き、とは言え寒いものは寒いのじゃ...

さてわし、和紙だるまは先週末ちとアクティブだったのじゃ。
まずは土曜日、愛知県桜ヶ丘ミュージアムにて行われていた
「異空間のアーティスト 現代美術in豊川」展に行ってきた。
福井県出身の加茂那奈枝さんと、
愛知県出身の古川あいかさんの二人展じゃ。

加茂さんがここ越前和紙の里、手わざ工房で制作をされていた
作品が展示されるということで見学にいってきた。
IMG_5813.JPG IMG_5815.JPG
黒を基調とした空間に楮の白が浮かびあがる。
加茂さんは2009年より和紙を用いた制作に取り組んでおられるとのこと。
今後の活躍が楽しみじゃ。
残念ながら展覧会は1月21日で終了してしまったが、
カタログはまだ購入することができる。
興味のある方は豊川市桜ケ丘ミュージアム(TEL:0533-85-3775)まで。

そして日曜日、卯立の工芸館で越前鳥の子紙保存会の研修に参加。
福井県の無形文化財(工芸技術)に指定された
越前鳥の子紙の技術を後世に伝えるべく、
研修に励んでおるのじゃ。

現代美術と古の鳥の子紙、
1000年を旅する週末じゃった。

わしだるまの旅*福井県立美術館の巻

| トラックバック(0)
皆の衆、いよいよGWじゃ。
ここ越前和紙の里では紙の神様、川上御前様のお祭りを目前に里中が心なしか華やいでおる。

そんな明るい空気に誘われて、わしだるまも少々旅をしてきた。
福井県立美術館さんの「匠の技と美 人間国宝・文化勲章受章者の名品」展の見学じゃ。
岩野市兵衛さんが漉かれた桂離宮の襖紙が展示されておる。
美術館の方にお許しをもらって記念の一枚。
なんと、卯立の工芸館のポスターも掲示してくださっておった。
IMG_3431.JPG IMG_3433-2.jpgのサムネール画像

福井県立美術館さんのブブ広報部隊殿とも記念にぱちり。
IMG_3429.JPG
ハガキの配布にご協力くださるとのこと、ありがたいのう。

旅には甘いものがつきもの、ということで。
美術館喫茶室 ニホさんで、春の名残の桜のケーキを嗜むだるま。
IMG_3434-2.jpg

福井県立美術館「匠の技と美 人間国宝・文化勲章受章者の名品」
5月15日(日)までじゃ。
詳細はコチラ→http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html
同時開催の新収蔵品展も貴重な作品が満載じゃった。
そしてさらに、福井県文書館さんでも「和紙」を展示しておる。
→http://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=137
こちらは6月22日(水)まで。

GWは和紙をめぐる旅◎
だるまは越前和紙の里で待っておるぞ。

天駆ける和紙天馬

| トラックバック(0)

皆の衆、雪は降っておるかのう?
ここ越前は、例年と比べて雪が少ない。
交通には都合が良いが、すこし残念に感じるときも。
でもまぁ、もう立春も過ぎ、来週には雨水。
雪も解ける頃なのだろう。

azumaya_6.jpg ←寒さは例年どおり|氷の柱

とはいうものの、和紙の里通りには積雪が。
気をつけて歩いてほしいが、すこし目をあげると・・・。

azumaya_1.jpg ←歩道にはまだだ雪!!

azumaya_2.jpg ←あずまやの展示スペースに何かが!

azumaya_3.jpg ←天駆ける天馬!

越前和紙を使って作った、巨大折り紙が登場。
午年にちなんで、モチーフは馬。
しかも翼が生えた天馬じゃ。
今年の越前和紙も、天馬のように天を駆けていってほしいのう。

そして、折り紙天馬のよこに飾られているのは、
キュートなこちらの折り紙。

azumaya_4.jpg ←文字通り、花がある


こちらも全て越前和紙を使っている。
花の種類は5種類。
なかには60個のパーツを組み合わせて作ったものも。
種類も多いし、色もきれい。
もっと作ってみたい!!との制作者の言葉もうなずける。
制作意欲にも力を与える素材じゃ。

azumaya_5.jpg ←ひとつひとつにも注目

雪が残る和紙の里通りに彩を与えるこの展示。
しばらくは展示を続ける予定なので、機会をみつけて是非。
キュートな花を散らしながら駆ける天馬に、
越前和紙を重ねてみるのもいいだろう。

わしもびっくり

| トラックバック(0)
皆の衆、寒くなったのう。
今日は朝から雷が鳴っておる。
あられも降って、冬に近づいていると実感させられる。
立冬も過ぎ、小雪も目前。
暖かくして過ごしておくれ。

これだけ寒くなってくると、和紙の里の紅葉はそろそろ見頃を終える。
しかし県内各所の紅葉スポットには、
まだまだ美しい紅葉を楽しめるところが多い。
昨日、ふらりと和紙の里を離れ、
お隣の鯖江市にある西山公園に行ってきた。

nishiyama_1.jpg ←嚮陽庭園は見頃じゃ!

春にはつつじが美しい西山公園も、秋はもみじが色づく。
まだちょっと早いようじゃったが、それでも鮮やかな赤が眼をひいた。
しかし!
わしの眼をひいたのはもみじだけではない。
ふと遊歩道のわきに眼をやると、見覚えのあるあの方が!

nishiyama_2.jpg  nishiyama_3.jpg
↑ 独特の髪型、そしてこの衣裳・・・|やはりあのお方

川上御前さまじゃ。
展望台へと向かう坂道のはじめ、
居並ぶ地蔵などの石像に混じって、にっこりと微笑んでいた。
丹南地域を見おろして、ものづくりの発展を見守っているようじゃった。

nishiyama_4.jpg  ←和紙の里の者が寄進したようじゃ

思いがけず出逢うとびっくりするが、嬉しかった。
皆も西山公園にいくことがあったら、ぜひ探してみておくれ。
美しい紅葉とともに、紙漉きを伝えた美しい女性、川上御前が待っておるぞ。

越前和紙と朝倉氏

| トラックバック(0)

皆の衆、涼しくなってきたのう。
和紙の里通りの木々も、少しずつ色づいてきておるぞ。
なかなかの風情じゃ。観に来ておくれ。

和紙の里通りも風情があるが、ここも風情があった。
どこじゃって? ここじゃ。

asakura1.jpg  asakura2.jpg
↑ 復原された町並み|唐門横の庭

どこか分かるかのう?
正解は、福井市にある一乗谷朝倉氏遺跡じゃ。
昨日、イベント広報用の写真撮影をここで行ったんじゃ。
紅葉前の緑が美しかった。

asakura3.jpg ←モデル衆|コスプレも参加じゃ!

asakura4jpg.jpg ←馬も登場!|木曽馬の快星(かいせい)殿

イベントはもちろん、越前和紙がらみのものじゃ。
上の写真、快星殿の馬飾りは越前和紙で作ってある。
どんなイベントか、楽しみにしていておくれ。

asakura5.jpg  ←撮影開始!|すぐに人だかりができたわい

朝倉氏は文化的大名と言われるほど、文化に造詣が深かったんじゃ。
越前和紙を京都の公家方に献上したとの記録もある。
いろんな場所に越前和紙を宣伝してくれていたんじゃ。
ありがたいのう。わしも負けておれぬ!

asakura6.jpg   asakura7.jpg
↑ 快星殿もいい顔をしておる|タイムスリップしたようじゃ

このイベントの詳細は、もう少しでリリースされる予定じゃ。
そしてその前に、大事なイベントもあるぞ。
11/20(土)・21(日)に開催される、「第5回 和ッショイいまだて in 和紙の里」じゃ。
こちらも楽しみにしていておくれ。
昨日の撮影の謎(?)が明かされるみたいじゃ!!!



冬になったら水ようかん

| トラックバック(0)

CIMG1566.JPG

皆の衆、元気かな?

ワシ、ブログ管理人のわしだるま様じゃ。

 

今回は、福井の冬の風物詩。

「水ようかん」の話題おば・・・

 

ん?何か?

イカンか?冬に水ようかんは?

 

福井では、常識なんじゃがのう・・・。

つるり、あっさり、水々しい、でもコクがあるんじゃ。

うまいぞよ~。

CIMG1567.JPG

その「水ようかん」が、簡単に作れる

手作りキットが発売されたんじゃ。

 

作る楽しさと、食べる美味しさ両方味わえるぞよ。

 

そして、このセットの包装が越前和紙なんじゃ!!

小豆色の和紙で、この包装も評判じゃ。

 

福井の水ようかんや、この手作りキットの事が詳しくしりたいお方は、こちらへご案内じゃ → 

 

 

 

 

朝もやと・・・丹南FM和紙だるま

| トラックバック(0)

IMG_4469.JPG

 

とある日・・・・

 

越前和紙の里

とある朝の風景じゃ・・・

 

このワシ、わしだるまの棲家の近く・・・

 

 

 

 

 

この地で、この風景の中で、手漉き和紙は漉かれておるんじゃ。

 

 

 

皆の衆、

この空気感を味わいに、是非来られい。

 

 

 

IMGP5610.JPG

 

そしてこちら →

 

丹南FMの和紙だるま様

 

アンテナ&マイク付きじゃ!!

 

 

 

 

IMGP5613.JPG

 

 

みなの衆、

丹南FM様は・・・

 

79.1kh

 

どうぞ聞いてあげとくれ~~。

 

 

和紙良い(ワッショイ)

| トラックバック(0)

CIMG0471.JPGみなの衆、かたいけの?

("かたいけの"とは福井弁でお元気ですか?)

 

わし、越前和紙の里に生息する

ブログ管理人の「わしだるま」じゃ。

 

今日は、和紙の里をぶらり散策して

大瀧神社へとやってまいった。

 

越前和紙の里通りから、趣のある町並みを見ながら徒歩15分くらいで到着じゃ。

 

ここには、和紙の神様が祭られており

和紙を漉く人々が暮らすこの地の人々に崇め奉られておる神社じゃ。

 

鳥居をくぐり、境内へとはいってみよう・・・・。

 

  CIMG0474.JPG

 

湧き出る水で、お清めをして・・・・・

 

 

 

 

 

 

CIMG0473.JPG

向こうに見える階段を上がると

 

神殿がある。

 

それはそれは静かであらたかな場所。

ん~~~、今風に言うと・・・なんじゃホラ・・

 

そう!!

 パワースポット!とでもいうんかいな。

 とても不思議な"気"が満ちておる場所じゃ。

CIMG0624.JPG

そして今回は、大事なお知らせがあるんじゃ。

 

皆の衆、11月の21日~23日に行われる

「和ッショイ いまだて」in和紙の里

愉しい催しはコチラ →ポチッ

 

是非来て下され。

(ナント、和紙だるま作りの体験もあるぞよ)

ごじら工房さんも参加されるそうじゃ。

益々楽しみじゃのう。

 

その頃には・・・・

 

 

 

 

 

CIMG0470.JPG

 

大瀧神社の、大銀杏も・・・・

 

黄色く紅葉しておるじゃろうか?

 

それとも、黄色の絨毯をしきつめておるじゃろうか?

 

手漉きの町を歩いてみよう

| トラックバック(0)

CIMG0102.JPG

ワシ、ブログ管理人の"わしだるま"じゃ。

 

今回は、ワシの棲家「和紙の里通り」から少し歩いて、紙漉き家の立ち並ぶ五箇地区をちょっとご案内しよう。

エリアマップ赤の通りじゃ )

 

この辺りは、なかなか風情のある家が立ち並んでおるんじゃぞ。

こちらの町並みもご覧あれ → ポチッ

 

 

 

 

  

CIMG0104.JPG

 

あの丸くて赤い郵便ポストも現役じゃ。

 

そうそう、ポストで思い出したが、ここの地にある

岡本郵便局から郵便を差し出すと・・・・

 

消印が、"紙漉きをするおなご"の印になるのじゃ。 

和紙の里通りのお土産屋さんで、手漉き和紙の葉書を買って、紙漉き娘の消印の葉書を、大事なあの人に旅先から出してみるのもお薦めだぞよ。

 

CIMG0105.JPG

そして、この大鳥居をご覧あれ。

 

この鳥居をくぐり、大滝の町の坂道を登ると・・・

 

紙漉きの神様がおられる「大滝神社」へと続くのじゃ。

そこには、大きな大きな銀杏の木があり、

秋にになると葉が黄色くなり、それはそれは見事なんじゃ。

 

手漉き和紙の里を、ぶらりぶらり散策するのも

楽しいもんじゃ。

 

他の見どころは、又今度ご案内するとしよう!!


管理人:わしだるま
和紙の里の自然や人々が
大好きな越前和紙の精。
和紙の里に生息し、
いろんな所に出没中。

越前和紙の里のサイトはこちら

最近のコメント