武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里イベント情報

イベント情報詳細

季節とあゆむ、くらしの中の紙〜夏を感じる模様紙〜

日時詳細
開催期間令和元年6月12日(水)〜9月1日(日) 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)※火曜日休館
開催場所越前和紙の里 紙の文化博物館 2F企画展示室
利用料金大人200円(150円)・高校生以下無料 ※( )内団体料金[15名以上]
江戸時代から現代にいたる多様な模様紙
写真
越前和紙には、美しい模様を紙の上にあらわす様々な技が伝わっています。かつての日本人は、生活の中で模様紙を使うことにより、和紙職人はそれに応えようとしたのです。

この企画展では、江戸時代から現代に至るまでの模様紙の多様さを紹介し、その洗練された感性をあらためて見直してみます。先人たちが夏を味わい、かつ涼しく快適に過ごそうとした工夫を感じてみてください。

また、模様を表すための様々な道具類もあわせて展示し、かつての和紙職人の飽くなき探究心を振り返ります。
---------------------------
開館時間 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
休 館 日 火曜日(ただし4月30日は開館)

展覧会に関するお問合せ 越前市産業政策課(0778-22-3047)
施設に関するお問合せ  紙の文化博物館(0778-42-0016)

<<前へ次へ>>

イベント一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.