武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里イベント情報

イベント情報詳細

特別展「大ふすま展」

日時詳細
開催期間令和元年9月6日(金)〜11月11日(月) 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)火曜日休館※10月22日(火・祝)は開館
開催場所越前和紙の里 紙の文化博物館
利用料金大人300円(200円)、高校生以下無料※( )内15名以上の団体料金
ふすまのある暮らしが育む細やかな感性
写真
越前には、多彩な手漉きのふすま紙を今も作り続ける職人がいます。
素材感の際立つ表情豊かな白、洗練された技術が生み出す優雅な古典模様。大判の一枚紙を漉くことができる越前の職人達は、その時々の求めに応じてどんなデザインの紙も漉き上げる高い技術と感性をそなえています。

この展覧会では、産地を代表する紙の一つである「ふすま紙」を大規模に展示します。伝統的な漉き模様紙から現代の生活に合ったモダンなふすま紙までを一堂に展示し、ふすま紙の美を紹介します。


■関連イベント■

◇東大襖クラブによるふすま張替え実演
 
 東京大学の老舗サークル「東大襖クラブ」が
 卯立の工芸館の襖を張替えます。
 日 時 9月6日(金) 10:30〜12:30/13:30〜15:30
     9月7日(土) 10:30〜12:30
     10月12日(土) 13:30〜15:30
     10月13日(日) 10:30〜12:30/13:30〜15:30
     10月14日(月・祝) 10:30〜12:30/13:30〜15:30
 会 場 卯立の工芸館 1階座敷
 申込不要(要入館券)


◇ふすまライブペインティング
 
 若手アーティスト達が、まっさらな大判のふすまに向かい、
 独自の世界を思い切り描きます。
・西元祐貴(墨絵、陶墨画アーティスト)
 日 時 9月7日(土) 13:30〜15:30
・Ai Miki(イラストレーター・グラフィックデザイナー)
 日 時 10月11日(金) 13:30〜15:30
     10月12日(土) 10:00〜16:00
 会 場 紙の文化博物館 別館
 申込不要(要入館券)
 ※混雑時には入場制限を行うことがあります。


◇東大襖クラブによるトークショー
 
 東大襖クラブが溢れるふすま愛を語り尽くします。
 日 時 10月13日(日) 13:30〜14:30
 会 場 卯立の工芸館1階座敷
 定 員 20名
 申込不要(要入館券)


■越前市観光協会「手仕事のまち歩き」共同企画■
◇ふすま巡りツアー
 「越前和紙のまち 今立・五箇を歩く」
 大ふすま展を解説つきで見学した後、
 和紙の産地・今立五箇を散策しながら
 見事なふすまの古民家や、ふすま紙を漉く工房を訪れます。
 日 時 10月12日(土) 13:00〜17:00
     10月26日(土) 13:00〜17:00
 集 合:卯立の工芸館
 申込先:越前市観光協会 観光・匠の技案内所
     (0778-24-0655)
---------------------------
主  催 越前市
協  力 一般社団法人 日本襖振興会

開館時間 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
休 館 日 火曜日(ただし10月22日は開館)

展覧会に関するお問合せ 越前市産業政策課(0778-22-3047)
施設に関するお問合せ  紙の文化博物館(0778-42-0016)
関連リンク

「ふすま巡りツアー」お申込みはこちら(越前市観光協会「手仕事のまち歩き」ウェブサイトへ)

次へ>>

イベント一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.