GODDESS OF PAPER

The Village of the Paper Goddess
紙の神が宿る里

1,500years ago, a goddess appeared in this area. This goddess taught the local villagers how to make paper.
There are other papermaking areas in Japan. However, the goddess of paper resides only in this village.

今から約1500年前、この地に現れた一人の女神がいた。
その女神が村人に伝えたのは「紙漉きの技」。
日本には紙漉きの産地は他にも存在するが、
紙の神様はこの場所にしか存在しない。

This is the only shrine in Japan that enshrines the goddess of paper.
日本で唯一、紙の神を祀る神社。

岡太神社・大瀧神社

Information about the Village of the Paper Goddess
紙の神が宿る里のエトセトラ

topへ戻る