越前和紙の紙漉き体験・伝統工芸士の実演・越前和紙の資料展示など「越前和紙の里」では様々な越前和紙の文化に触れることが出来ます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • English Page

和紙の里通りの風景 パピルス館 紙漉き体験 卯立の工芸館 伝統工芸士 紙漉き風景 紙の文化博物館 収蔵庫展示 和紙産地 五箇地区の街並み

伝統と歴史が息づく和紙のふるさとへようこそ

越前和紙の里がある今立地区は、全国に数ある和紙産地の中でも1500年という長い歴史と、最高の品質と技術を誇る、越前和紙の産地です。
越前和紙の里では、職人技を見学したり、紙漉きを実際に体験する施設など、全長230mの通り中に越前和紙の関連施設が集中しており、伝統と自然が織り成す美しい街並みが並んでいます。和紙の里見どころ一覧へ

自由に楽しむ和紙づくり パピルス館

世界中でたった一枚。紙すき体験で、あなただけのオリジナル和紙を作ることができます。
約20分ででき、幼児から大人まで広く楽しめます。団体利用も可能です。
館内には和紙製品の販売コーナーもあり、和紙や小物類が数多く揃っています。パピルス館へ

260年前の紙漉き家屋と伝統工芸士の技 卯立の工芸館

江戸時代中期の紙漉き家屋を移築復元した「卯立の工芸館」では、伝統工芸士が昔ながらの道具を使って和紙を漉く様子や、屋外での和紙天日干しなど、和紙が作られる一連の工程を見ることができる、全国でも唯一の場所となっています。
2階では和紙にまつわる様々な企画展が随時行われています。卯立の工芸館へ

和紙を知り、和紙を学ぶ。 紙の文化博物館

ここでは、越前和紙の発祥や歴史、紙漉き工程、和紙を取りまく人々の営みなどを、多くの資料やパネル・和紙人形を使ってわかりやすく展示しています。
中でも、横山大観をはじめとする日本画家との交流を示す文書や、和紙をささえ続けた里人の息吹に触れることができるでしょう。紙の文化博物館へ

和紙産地の街並みを歩く 紙漉きの町 五箇地区

高級手すき和紙の産地として和紙業者が軒を並べる五箇(ごか)地区では、全国で唯一の紙祖神を祀る紙祖神岡太神社と大滝神社を中心に、今も昔ながらのたたずまいを見せています。五箇地区についてへ

最新イベント情報 イベント一覧へ

須田剋太展 NEW!
開催期間平成26年9月6日(土)〜11月3日(月・祝)※火曜休館(9月23日は開館)
開催場所越前和紙の里 卯立の工芸館

写真

荒井恵子の世界 NEW!
開催期間平成26年7月19日(土)〜8月31日(日)※火曜休館
開催場所越前和紙の里 卯立の工芸館

写真

平成26年度 紙博テーマ展Ⅱ NEW!
開催期間平成26年6月29日(日)〜8月31日(日) ※火曜休館
開催場所越前和紙の里 紙の文化博物館

写真

和紙の里やまぎわブログ ブログを見る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.