助田篤郎の綴った素朴さとぬくもり 孔版画の魅力 [開催中]

開催期間
2022年01月05日(水) ~ 2022年03月28日(月)
午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)※火曜日休館
開催場所
越前和紙の里 紙の文化博物館
利用料金
大人200円 卯立の工芸館との共通入館料 
※高校生以下無料 ※2F特別展開催時は300円

柔らかで繊細な版画は懐かしい時代への郷愁さえ抱かせてくれます

長年にわたって、謄写版印刷所を続けて来られた助田氏は、同時に父 茂蔵氏の遺した絵を多色摺り孔版画として製作・頒布し、その作品は県内を始めとする多くの人々に愛されてきました。その柔らかで繊細な版画は、学校のテストや地域活動の新聞制作などで、ガリ版印刷を経験した世代にとって驚きであり、懐かしい時代への郷愁さえ抱かせてくれます。
今年で全ての製作活動から退く助田氏の未だ所蔵の孔版画をはじめ、私家本、原画などを網羅して展示し、併せて版画作品の販売もさせていただきます。