和紙細工の盆栽展 [開催中]

開催期間
2022年10月22日(土) ~ 2023年02月20日(月)
午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
※火曜日休館
開催場所
越前和紙の里 卯立の工芸館
利用料金
大人200円(団体150円)
※高校生以下無料・障がい者手帳をお持ちの方は半額
※紙の文化博物館との共通料金

新作を含めた、約60点の作品を展示

日本の伝統文化として国内だけでなく、海外でも根強く愛されている「盆栽」。
そんな「盆栽」を和紙細工の作品として再現しました。

作者は玉村一美氏。1954年、鯖江市生まれ。

福井市内にて理容業を営むかたわら、約30年前より和紙を使った盆栽を独学で製作。
福井市、越前市などで展示会を開催し好評を得た後、2019年には東京にて展示会を開催。

花を咲かせるもの、実をつけるもの、紅葉するもの、葉姿を楽しむものなど、様々な種類の盆栽を約60点展示いたします。
花びらや葉、茎など細部に至るまで、本物に限りなく近づけた和紙細工の逸品としてご覧いただければ幸いです。

●作品の販売会
パピルス館ショップにて、約50点の作品を販売いたします。
価格は作品によって異なりますので、会場にてご確認ください。

●和紙で作る「ミニ盆栽」ワークショップ
【日時】
12月18日(日)10:00〜12:00「紅白梅」
1月15日(日)10:00〜12:00「ふきのとう」

【参加費】
税込3,500円(材料費・道具費)

【予約】
お電話にて各回先着10名様(TEL 0778-43-7800)